各種セミナー

骨バンクセミナー2012終了の報告とお礼

骨バンクセミナー2012終了の報告とお礼





このたびは、1028日(日)に開催いたしました「骨バンクセミナー2012」にご参加、演題のご発表を賜り、誠にありがとうございました。おかげさまをもちまして、70名のみなさまにお集まりいただきました。同種骨移植に関する多くのご発表、ご意見をくださいましたこと、心よりお礼申し上げます。 

 非生体ドナーの同種骨移植の採取・処理・保存に要する費用の保険収載と、全国で骨摘出を可能にするネットワークの構築は、今後の人工股関節再置換術等の症例増加を考慮いたしますと、急務であると考えております。安全・安心な移植用同種骨の安定供給のために、今後もお力添えをいただければ幸甚に存じます。

 セミナーで行ったアンケートにおいても、「ワークショップが有用であった」、「手術手技の工夫を知ることができてよかった」等のご感想をいただきました。次回開催のご要望もございましたので、みなさまのお役に立つ情報がご提供できる機会も検討してまいります。

 

 ご参加、ご協力くださいましたみなさまの今後のご活躍を、心よりお祈り申し上げます。

 

 



201211月吉日

 

北里大学病院骨バンク

髙相 晶士

(北里大学医学部整形外科学 主任教授)

占部 憲

(北里大学医学部整形外科学 教授)

東海骨バンク

蜂谷 裕道

(医療法人蜂友会 はちや整形外科病院 院長)



2012/11/02